司法書士通信講座|東京司法書士学院

司法書士通信講座の東京司法書士学院

司法書士講座

司法書士試験

ゼミ指導の司法書士講座

司法書士講座

司法書士通信講座

司法書士講座/受講料

新宿の司法書士講座

司法書士講座のテキスト・問題集

24時間自習室

司法書士通学講座Q&A

司法書士通信講座Q&A

司法書士講座の説明会

司法書士講座の資料請求



司法書士試験、難関資格への挑戦、 〜本気で受かりたい方の為に〜
「通信講座Q&A」

1年通信講座と2年通信講座はどう違いますか?

 

1年では、時間的にすべての教材をこなすことが難しい為、答案練習講座が含まれておりません。2年通信講座では、計50回分の練習講座が含まれております。


1年通信講座と2年通信講座の期間はどのようになりますか?
お申込みいただいてから、丸1年または丸2年で終了いたします。その後は、更新手続きになります。

確認ゼミとは何ですか?
通信講座で1番問題となるモチベーションの維持と、法的思考を養うために、講師と絶えずコンタクトを取り合うシステムです。教材DVDを1本見終わるごとに、メールまたはFAXにてご連絡をいただくと、それに対応するゼミ問題をお送りします。これに解答していただき、添削、コメントを記載の上、返信いたします。

確認ゼミの問題はどのようなものですか?
法的思考は、口頭もしくは、文章でしか養えません。○×ではなく、文章形式の問題です。ただ、正解を答えるのではなく、思考の経緯を説明していただきます。

法改正が行なわれた場合、テキストなど教材への対応はどうなりますか ?
当校には教材専用の印刷機および製本機がありますので、法改正には即対応できます。追加プリントの配布などではなく、完全に製本したテキスト、DVDをすべて無料で二重発送いたします。

スクーリングはありますか?
当学院では、設けておりません。その代わり、講師が直接お電話で対応いたします。

内木講師には、いつ・どのように質問をすればよいのですか?
お電話で質問をご希望の場合、予めメール、FAXにてアポイントをお取り下さい。学院より、応対可能日時をご連絡いたします。メール、FAXにてのご質問には随時お答えしております。

試験対策について相談することは可能ですか?
教材と一緒に学習の方法を説明したDVD(「学習ガイド」)を一緒にお送りいたします。その他の相談等に関しては、講師が直接対応いたします。上記を参照してください。

問題集や力試し等はどのような教材を使うのでしようか?
2年通信講座は、1年目に基本答練(35問×25回=875問)、2年目に答練(35問×25回=875問)、合計1750問の問題数があります。これを完璧にして下さい。別途オリジナル問題集のご希望の方には、購入が可能です(本学院通学・通信生に限る)。→教材

東京司法書士学院はレベルが高そうなのですが、初心者の私でもついていけるでしょうか?
初心者の方のほうが、先入観がないため、素直に理解し、吸収できる傾向にあります。当校からは初学者の方も多く合格されています。   

支払方法にはどのような方法がありますか。分割には応じていただけますか?
全額一括現金払いもしくは、クレジットカード払いが原則です。分割をご希望の方は、ご相談下さい。分割払い用の個別の契約書をお送りさせていただきます。

img4

img5

img6



フリーダイヤル 0120-814-509 定休日(水曜日、木曜日)


東京司法書士学院 〜司法書士試験の専門学校〜

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-7-28 第2山本ビル2F
TEL 03-3364-1060  FAX 03-5337-4649







<発送可能エリア(全国対応)>

北海道
東北: 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東: 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県
中部: 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県県 愛知県 三重県
近畿: 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県
中国: 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県
四国: 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州: 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県
沖縄県